「タウンマネージャーが商店街でショップをはじめたら」

toyamagu.com

日本全国の中心市街地活性化と商店街活性化を、
富山を通して語る、考える、変えてみる。

勝手に富山ブラックを名のってる店に聞いてみたいことがある。

カテゴリー:富山市中心市街地活性化
img_6819

さて。
私のなかで富山ブラックというラーメンはない。
西町大喜の中華そばがあるだけ。
そう思っています。
いつごろからでしょうね。
私の出身地である北陸富山で
こういう名称で呼ばれはじめたのは。

20年ぐらい前に
駅前で仕事をしているときに
他県からやってきたあるラーメン屋の会長に、
よそ者が富山ブラックを売るなんて
変ですかねと相談された記憶がある。
ダメとはいわないですが、
その味を作りだした店と店主に
挨拶とリスペクトは必須じゃないですか、
と言ったような記憶がある。

その気弱なラーメン店は、
いまじゃ富山ブラック代表見たいな顔で鎮座されている。
味はインスタント以下と
私は思っている。
その後のエピソードはわからないが、
食べただけで
リスペクトしていないことは充分わかる。
どこでどんな商売をするのも自由だが、
私は西町大喜をなめるなよと
無関係だが言いたい。

その後もぞくぞくと
けんもほろろに富山ブラックを名のるラーメン続出。
売れそうだから、人気だからと
大した修行も研究も研鑽もなく
のうのうメニューにしている店があると
かなり腹が立ってくる。

あるそば店に中華そばという
富山ブラックぽいラーメンがある。
その店主は西町大喜で
数年修行していたことがあるそうだ。
そのときに覚えた製法をベースに、
自分の「そば屋」でメニューにしている。
リスペクトがわかる。
スープはまっくろで
確かに西町大喜の見た目に似ているが、
富山ブラックとは一言もうたっていない。
これがリスペクトの証だ。

富山駅前に
富山ブラックの看板は多い。
だいたいどれも食べた。
確かにそれっぽい味だ。
ただ、他者にはぜったいすすめない。
駅の中に西町大喜が新幹線開業で出来たので、
そこをすすめる。
富山を旅して
偽物を食べさせるなんて罪だ。
ましてや魚だしの富山ブラックなどありえない。

西町大喜は、
年に2度ほど食べる。
というか食べたくなる。
味はしょっぱい。ひたすらしょっぱい。
それでも私は、チャーシュー麺1600円を頼んで、
スープまで残さず飲む。
あとで後悔する。
お茶は2ℓぐらい飲む。
次の日むくむ。
それでも年に2回は食べてしまう。
偽物は食べない。

北陸富山発祥でひろがっていった味への
私なりのリスペクトである。
西町大喜の味は、西町大喜以外にはない。
それっぽいもので満足する層もいるでしょう。
私はそうではないだけ。
オリジナルへのリスペクトが
ひと一倍強い。
だから、西町大喜だけでここまで書けるし、
ここまで言いきることができる。

商売に便乗はある。
私が嫌いなだけだ。
そういった方々と接点を持つ気持ちにはなれない。
心の中でさっさと潰れてしまえと思っている。
憲法で内心の自由は保障されている。
大人なので口にはしない。
ただ、私の許せない譲れない琴線には、
確実にひっかかっている

富山ブラックで便乗しているお店の方には、
競争力のあるオリジナル商品に
ぜひトライして、
富山ブラックの発祥店をリスペクトしながら、
それを超す能力で、
商売に花を開かせてみてください。

人生一度ですよ。
正々堂々と逝きましょう。

写真の富山ブリュレを見たとき、
このエントリーを書こうと思いました。

「タウンマネージャーが商店街でショップをはじめたら」

コムクレープ FC加盟店募集中です