「タウンマネージャーが商店街でショップをはじめたら」

toyamagu.com

日本全国の中心市街地活性化と商店街活性化を、
富山を通して語る、考える、変えてみる。

地方のテレビ局なみに媒体価値を商店街ホームページでつくってみますか?商店街の見える化①=地域の大学生によるiモールトレンド

カテゴリー:タウンマネージャーが考える地方創生とは?, 私が学生に商店街活性化を教えるなら「商店街サイト運営」である, 全国の商店街活性化に地域の市民はどう参加すべきなのか?, 新中心商店街論そのニ「iモールトレンド」とは?
fullsizerender

さて。
最近ネガティブな話題がつづいていますので、
前向きな話。

基本的には、地方は少しずつ衰退して
滅びていいく途中過程で、
放っておいて新しい価値を生むことはない。
結果、地方の商店街は、
その役割を終えていく。
これで前提です。

つまり、今まで通りのやり方や、
古くさい考え方や手法では、
何度トライしても
結果は同じ。
私が提唱したいのは、
「新中心商店街論」のひとつでもある
iモールトレンド。
簡単にいえば商店街ホームページの活用です。

そもそもこのトヤマグは、
商店街の情報サイトとして誕生して、
約16年間富山市中心商店街の情報を発信してきました。
公式サイトではなく、
勝手サイトとしてのホームページでした。
いろいろ経験できましたよ。

このホームページをちゃんと運営すると、
ホームページはメディアに発展するかもしれません。
商店街とは、商店の集まりです。
営業しているわけです。宣伝したいときがたくさんあります。
ホームページに掲載すると
お客様が来る、商品が売れる、となると、
とてもありがたいわけです。

そして、この商店街ホームページは、
商店街組合で運営するものではなく、
例えば地域の大学と大学生で運営するなどが
いいだろうと思っています。

客観性が必要だからです。

「タウンマネージャーが商店街でショップをはじめたら」

コムクレープ FC加盟店募集中です