「タウンマネージャーが商店街でショップをはじめたら」

toyamagu.com

日本全国の中心市街地活性化と商店街活性化を、
富山を通して語る、考える、変えてみる。

政治家と言っても、議員と首長では仕事がまったく異なります。都知事選で野党大一党が実績を作り直せば、政権交代可能だったかもしれない。

カテゴリー:タウンマネージャーが考える地方創生とは?, タウンマネージャーの独り言です
img_4639

さて。
また総選挙です。
争点に商店街活性化がのぼることは無いでしょう(笑。
とはいえ一言いいたい。

自民党にどうのでもない。小池新党でもない。
今のところ野党大一党の民進党にである。
新代表になっても、
離党者続出で泡沫政党になってますね。
党内からは、解党して、小池新党に合流なんて話しまで。
前原さんはとことんもってない人なのか。

チャンスは、先の都知事選だったと思うのですよ。
8年以内に政権交代したいなら、
本気で与党をめざすなら、
信頼を回復したいなら。
党をあげて東京の行政を真剣にやるべきだった。
蓮舫氏は、小池氏の前に都知事選に立候補を表明し、
都知事になっていたら、
民進党の運命は変わっていた。

政治家とひとくちにいっても、
議員なのか、首長なので仕事も立場も大きく変わる。
民進党は与党時代に、
行政能力の無さで国民から信頼をうしなったのである。
選挙で勝たせてもらえない、
もう一度与党になどと思ってももらえないのは、
行政能力の欠如である。

選挙で勝って、議員数が過半数を超した党、
もしくは連立して過半数以上の場合、
与党になれる。政権をになえる。
首班指名で自分の党から、
行政の長すなわち内閣総理大臣が誕生する。

いきなりの与野党逆転は見込めないなら、
まずは東京の行政で結果を出したほうが良かった。
蓮舫氏が都知事になって、
東京改革でもやって、
東京の街が住みやすく変貌したら、
民進党に行政能力があったと
有権者は思ってくれたかもしれない。

時間はかかる。
それぐらいの信用を失ったのだから、
党をあげてじっくりプランをねって、
二期8年ぐらいかけて
党の信頼回復につとめればよかった。
東京の行政で実績を見せつけたら良かった。
蓮舫氏がいいというわけではない。
そういうチャンスがあのときあったという話。
党内にこんな思考の方はいなかったかものか。

イギリスの元首相のトニーブレア氏。
まだ若かった彼を時期首相候補とし、
労働党は党をあげてじっくり育て、
チャンスをまって首相になったと聞いたことがある。

実績の積み重ねは、
人の心を動かすときには必ず必要です。
私も若い時はわかりませんでしたが、
今はとても重要視しています。
ぽっと出の新党にまた、
国民をおどらされるのでしょうが、
まだまだ小池新党の目標がわかりません。
メッセージは抽象的なものが多い。

少子高齢化で、地方が死ぬのはまちがいない。
公金での出産祝い金300万円ぐらいかけないと、
国力はどんどん弱まっていく。
一年で約100万人の赤ちゃんが生まれている。
合計予算3兆円。この制度で150万人に増えたら4.5兆円。
消費税10%へのアップでまかなえる。
10年つづいたら予定よりも500万人の人口増。
できれば都外の地方に10万人ずつ増えると理想。
いかがでしょう。

ちなみに日本の年間の中絶数は
現在約40万人以上と言われている。
救える命もあるかもしれない。

「タウンマネージャーが商店街でショップをはじめたら」

コムクレープ FC加盟店募集中です