「タウンマネージャーが商店街でショップをはじめたら」

toyamagu.com

日本全国の中心市街地活性化と商店街活性化を、
富山を通して語る、考える、変えてみる。

バカなことを考える暇があるなら、センスを磨いて、風景の一部となって都会を作ってください。

カテゴリー:タウンマネージャーが考える地方創生とは?, 富山市の中央通りが10年でシャッター通りになったのは世襲の結果ではないだろうか?, もしも富山市中心市街地にインフェイズのグループがなかったらどうなっただろうか?, 全国の商店街活性化に地域の市民はどう参加すべきなのか?, 富山市中心市街地活性化, 新中心商店街論その一「ストリートリノベーション」とは?
img_5032

私の店はこちらです。

さて。
市民参加の商店街活性化。
私のいうマチの活性化なんですが、
私に立場からすると
とっても迷惑だったりします。

近所に、写真のポスターが貼ってありました。
「富山市中央通り商店街活性化プロジェクト」
なんて書いてある。
その内容は「昼のみジャズライブ」だそうで。
本当に余計なお世話だわ。

基本的に人はどこで何をやろうが勝手です。
私もそのひとりなので、
ここで好きなことを書いています。
市民が勝手に商店街活性化をうたって行動しても自由です。
まあ、私有地ですが公共性もあります。
アーケード下は市道でもあります。

何となく懐古的に商店街にかかわりたいのも自由。
何か役に立てないかとかきたてられて、
昼の飲みしても自由。
ただ商店街を歩いているだけでも自由。
店に買物に入っても自由。
買わなくても自由。
市役所が音頭とろうが自由。
商工会議所がバックアップしたって自由。

先の講義で、商店主は顧客以外の関係で、
市民と交流するなと言いました。
私はそれでいいと思っています。
それ以上でかかわるとロクなことながないとも思っています。
商店主の一部で一般市民とからんで
商店街活性化なんてうたっている店にかぎって、
売上がなかったりします。
君たちやることあるでしょうがとも言いたい。

私が私の論法で
一般市民にのぞむのは、
知恵もアイデアもいらないので、
商店街なかでも中心商店街=地方の都会なので、
もうちょっと見られて良い格好で、
来街していただきたいことです。

私は私の店も品も、スタッフも
街の風景の一部と思っています。
そんな考えで、店のユニフォームも
店の外観も、ショップバッグさえもデザインしています。
もちろん私服で街を歩くときも、
さすが◎◎社長と
いわれているかどうかわかりませんが(笑、
その格好には気を使っています。

その延長で、街を歩く人も
街の風景なのだと思っています。
あか抜けていないどんくさい格好した1000人より、
おしゃれでセンスのいい1000人が闊歩したほうが、
それはそれは絵になるわけです。
皆さん自身が街の風景を
変えることができるわけです。

チャンスであり、権利ですね。
ほら、昔は街に来る時はおしゃれしてきたわけではないですか。
いまはそんな価値もないかもしれません。
それでも、皆さんが歩けば街の風景であることは
昔から変わってはいません。

都内にいると自由が丘によくいます。
所得も意識も高い街ですから、
歩く人込みで絵になる風景が多いですよ。
自由が丘…とまではいかなくても、
県都の顔にふさわしい
おしゃれでセンスのよい街になるかどうかは、
市民の皆さんにかかっていると
思っていただいてけっこうです。
当ブランド自由が丘店です。

皆さんがオシャレになったら、
商店主としてはプレッシャーです。
汚い店でおむかえしては失礼と、
まともな店なら反応します。
それがまた外観リニューアルといった投資となり、
良循環を生み出し、
街が少しずつ変化する可能性もあります。

「タウンマネージャーが商店街でショップをはじめたら」

コムクレープ FC加盟店募集中です