「タウンマネージャーが商店街でショップをはじめたら」

toyamagu.com

日本全国の中心市街地活性化と商店街活性化を、
富山を通して語る、考える、変えてみる。

選挙カーを無くす方法を考えた。

カテゴリー:タウンマネージャーが考える地方創生とは?, 自民党を中心とする富山市議会がコンパクトシティ政策をチェックしなかった場合どうなったか?, 富山市長が3.5期の歳月をかけてすすめたコンパクトなまちづくりはどうなったか?, 全国の商店街活性化に地域の市民はどう参加すべきなのか?, タウンマネージャーの独り言です, 富山市中心市街地活性化
img_4234

さて。
政策アルゴリズムというのを
誰かが開発したとする。
ウェブから、自分と同じ考えや、
自分の実現してほしい政策を検索すると、
候補者がヒットする。
検索結果1位が
自分が最も投票すべき候補者で、
はじめてそこで名前がわかる。

逆に、例えば、
過去に不正を働いた議員などは、
検索ヒットで順位が出る。
検索1位は最も投票してはいけない人物だ。

こうやってたくさんの
自分のかなえてほしい政策や、
当選させたくない人を検索し、
そこにヒットする人を比べて選ぶ。
名前は最後の最後に
投票用紙に書く。

こうすれば、
無駄に選挙カーで名前を連呼する
選挙活動はいらない。
バカな権力欲だけで立候補する
無能な人間は
当選できない。

不正のみそぎはすんだなど、
コンパクトシティの是非のぜの字も、
商店街活性化の見直しも、
誰もふれない
くだらない選挙をながめて
思ってしまった。

あと、
AIを最も導入すべきジャンルは
公務員ではないかとも思えて来た。

いわゆるお役所仕事は一律なので、
人間でなくてもできる。
お役所言葉に臨機応変はないので
AIでも充分に対応可能。
同じ仕事でも、
役所は民間の3倍の時間と人件費と使うと
誰かが言っていた。

AIにまかせれば、もっと効率化が図れる。
公務員試験などいらない。
AIのお役所osに入れておけばいいだけ。
さすがに首長と議会は人間が必要だと思うので、
これからの政治家は、
AIに長けている人がよろしいかも。

写真は総曲輪レガートスクエア。
総合ケアセンターが富山市中心部に完成。
そしてまた駐車場併設。
あまっているのにいりますかね?

「タウンマネージャーが商店街でショップをはじめたら」

コムクレープ FC加盟店募集中です