「タウンマネージャーが商店街でショップをはじめたら」

toyamagu.com

日本全国の中心市街地活性化と商店街活性化を、
富山を通して語る、考える、変えてみる。

自由が丘で思う、10代20代の日本人のアジア化。タピオカブームは自由が丘という街を丸ごと変えてしまったのか。

カテゴリー:タウンマネージャーが考える地方創生とは?
img_8956

さて。
勝手に依頼されもいませんが、
自由が丘をタウンマネーとしての視点で見ています。
自由が丘は、地方の商店街のような問題は
ほとんどありません。
目立って困っていることはないでしょう。

自由が丘は都心から15㎞離れています。
風景は都心じゃない。
都内の知り合いや友人が
私を訪ねて自由が丘にくると結構こう言います。
「初めて自由が丘に来た」
という人が多いです。
都民からすると馴染みのない東京。
行く理由がない街に感じる時がありますね。

スイーツの街、自由が丘。
と称されます。
確かにそれっぽい気がしますが、
百貨店の地下のスイーツフロアと比べると、
スイーツの街というほど形容される部分がわかりにくいかも。

東京全体に実態がないとよく書きますが、
自由が丘はそれに輪をかけて実態がない。
イメージ先行です。

正直、最近は
どこのあたりがスイーツの街になのだろう?
と感じます。
大手スイーツ店は出店してません。
ある有名チョコレート店が路面にありますが、
違和感ありありです。
最近はタピオカ激戦区などと称される場合も。
なぜ自由が丘がタピオカ激戦区になったのかといえば、
それは一昨年前から都内のわりには
空きテナントが多かったから。
渋谷新宿に出たいけど
テナントがない。
空きテナントが多いのはどこ?
適当な家賃でテナントが空いてるのはどこ?
自由が丘となったわけです。

自由が丘に空きテナントが多いのは、
消費という実態が弱いわりに
家賃が高いからです、
○○○○自由が丘店とつけたいために出店し、
固定費に圧迫されて退店となる。
となってもまた
○○○○自由が丘店とつけたい店舗
が現れるので、
家賃は下がりません。

私が3年前に出店を考えた時、
自由が丘に空きテナントはありませんでした。
弊社の原宿店が絶好調だったのですが、
自由が丘はやはり雰囲気やお客さんの質が違うなと感心しました。
行儀がいい。
ところがこのタピオカ現象で、
原宿も、下北沢も、溝口も、自由が丘も同じになってしまった。
私の予想とは大きく異なり始めました。

あと、ここに出店している限り、
あるグループ企業と付き合わないといけないのですが、
そこに配属される従業員の質にびっくりです。
やはり優秀な人材が仕事をするなら
この辺の交通系の会社なら渋谷配属でしょう。
自由が丘はもう開発する場所がありません。
今後大きく発展することはない。
大規模商業施設ができることはない。
人口の規模や流入状態から考えても再開発する価値は低い。
東京五輪とも関係ない。
ビジネスチャンスの少ない街。

大手企業はいい人材を自由が丘に投入するとは思えない。
そうなると、ああこれかって人材が集まってくる。
メールのやり取りも直接の打ち合わせも
ひどいものです。
礼儀も約束もマナーもあったものじゃない。
嘘まで平気でつく。
偉そうなこと言っても軽く論破され支離滅裂の感情論。

最初は個体差かと思いましたが、
鉄道会社から飲食店まで同じ空気です。
良い人材が集まらない。
ある求人広告会社に聞きましたが、
渋谷や中目黒での応募は多いけれど、
自由が丘で働きたいという人材は極端に少ないらしい。
少ない中から選べば答えは一目。
大きな会社的にいえば
自由が丘支店への配属は左遷なのかもしれません。

さらに下北沢と同じレベルでタピオカ激戦区となった自由が丘。
自由が丘はフランスのイメージなんでしょうが、
実体はアジア化です。こんなに子供達がいる街?
というぐらい新大久保化でもあります。

お客様も変わったなと感じたのは、
他店の商品を堂々と店内に持ち込むようになった。
弊社は持ち込みだけでも禁止しているので、
入店時に説明すると少数ですが存在します。
このお願いにブチ切れるお客様。
「飲み終わってから来ていただけますか?」
と丁寧にご説明させていただいています。
そこでよく出るお言葉があります。
「私は自由が丘にたくさん友達がいる」。
だそうです。
だから何と言われたいのかはわかりませんが、
少し脅されている感じがします。
これも最近の特徴です。

先日、日曜日にある親子が来店。
お客様ではありません。
子供は自由が丘のタピオカを全て調べて取材しているそうです。
夏休みの宿題?
3人でテーブルに陣取って、
他店のタピオカ3種類をテーブルに置いて、
他のお客様がいるにも関わらず、
何か買い物するわけでもなく、
この店のタピオカの特徴は?

「はあ?」

と言いたくなるようなシーン。
そこはお客様の座るところだからと丁寧に説明し、
他のタピオカ店を比べられるとブランド保全上問題があるので、
と子供相手に(実際は母親)大人気ない対応してしまったと
反省してますが、正直びっくりして固まっていた。

良い人材が集まらない。
テナントが空いているなど。
長い目で見たら致命的な気がします。
だからと言って
自由が丘が困っていることはありません。
東京の一部ですから衰退することはありません。
そこそこに今の状況は続くでしょう。
○○○○自由が丘店とつけたい店舗は、
今後もあるのでしょうが、
この実態の見える化「タピオカ激戦区」状態で、
○○○○自由が丘店とつけたい店舗が
今後もあるとは思いにくい。
少なくても私は思っていない。

去年の12月は
自由が丘に対して

シャッター通りから世界ブランドをつくる、を自由が丘店で考えてみる。


私はこんなことを書いていました。
そこから8カ月で変貌しました。

世田谷区と目黒区の端っこで、
私鉄の駅がひとつ。
大きな産業もない住宅地。
大規模再開発するスペースもない。
所得は高いが消費は弱く、
他地域からの流入人口は
イベント時にも見た目は少ない。

昔は横浜と渋谷の間の繁華街だったそうですが。

冒頭でも書いたように
東京全体から考えたら、
よく行く場所ではない自由が丘。
それでも都内の人に
自由が丘に店があると話すと「おしゃれですね」と返ってくる。

2016年から3年間、通っている自由が丘。

変わったなと感じているのは
私だけなんでしょうか。

フランスをイメージした街は、いまはアジアです。

「タウンマネージャーが商店街でショップを始めたら」

コムクレープ FC加盟店募集中です