「タウンマネージャーが商店街でショップをはじめたら」

toyamagu.com

日本全国の中心市街地活性化と商店街活性化を、
富山を通して語る、考える、変えてみる。

継続は悪魔だ。その悪魔に打ち勝てるのが経営だ③助けあう必要もないときのに助けあうから、地方は競争力なく負けるんだ。

カテゴリー:タウンマネージャーが考える地方創生とは?, もしも富山市中心市街地にインフェイズのグループがなかったらどうなっただろうか?
img_5586

さて。
いろいろ経験させていただくと、
小規模な経済活動に
ほとんど興味がなくなってくる。

タウンマネージャーという立場の業務は、
商店街活性化だ。
私の商店街活性化の意義や目的は一貫している。
トヤマグが誕生して、
18年目に突入している。
ある日からこれを意義と目的に決定した。

商店街活性化とは、
商業の拡大再生産であり、
北陸富山の中心部の場合、
商業小売総額の1,200億円ダウンを
どうやって回復するかだ。

それ以外はどうでもいい。

その昔に商店街が世代交代したら、
この数字の重さがわかると思っていた。
この現実にトライすることも
若い世代ならできると思っていた。

違っていた。

東京からUターンして
ふるさとを活性化したいと戻る人もいる。
にわかに救世主的だが、
ケースによっては
競争に負けての凱旋もある。
その場合も、若さはあっても、
都内での経験はあっても、
この数字の重さがわかるまでの能力がないこともある。
現実に負けてきたら、
やはり現実を直視はしたくない。
田舎の絆ビジネスにはまって、
二度と都内にもどれることもない。

最初は重宝がられても、
田舎で50歳を向かえたときに、
何もない。残っていない。
商売をしている人にとって、
年商や年収は、人生の成績だ。
50歳になって何もなかったら、
いったい何して生きてきたのか悩むだろう。
その世代で絆ビジネスは辛い。
というか痛い。

つづけること。継続。
悪魔のような苦しさがある。
継続しなければいけない恐怖感から借金する場合がある。
継続しなければいけないプレッシャーで
自殺をする人もいる。
継続をしなければ楽になるのに、
継続しなければと、
死にものぐるいで続ける。
継続は悪魔だと思う。

この悪魔に勝てるのは、
経営だ。
継続するために経営するのだ。
店舗経営、会社経営、都市経営。
経営をきちんとしていれば継続できる。
その第一条件が
現実を見つめることができる、
である。
現実とは責任。責任はすべて本人にある。

若いからとか、東京にいたからとか、
どうでもいい。その層にも多くのメンヘラがいる。
平成も終わろうといるこのご時世、
イベントで活性化できると
思っている輩がいるのに驚きなわけだ。
祭りは「現実逃避」のツールだろうね。

私はインフェイス系の店が好きで、
良く行く。そして買う。
バーデンも、カーネーションも、
トランクも、アイボリーも行く。
若いスタッフともよく話す。
暇なおじさんにもつきあってくれる(笑。
このファッション店グループがなければ、
富山市中心部はもっとかなり衰退しているはずだ。
インフェイス系の店がなければ、
富山市中心部は終わっていた。

インフェイス一号店は、
おそらく今の弊社ブランド本店がある場所の向かって右のテナントだ。
23年ぐらい前、コピーライター時代に取材に行ったことがある。
23年以上前から、富山のファッションを牽引してきた。
本当に頭が下がるし、足を向けては寝られない。
都内や通販で買おうとかなと思っても、
私は富山にもどってインフェイスで買う。
それぐらいリスペクトしている。

彼らと話していると面白い。
富山をもりあげたいなんて言わない。
商店街を活性化したいなんて
絶対に口にしない。
自分の商売しようと必死で、
商品を売るのに一生懸命で、
会社や店が好きで
ファッションという仕事に誇りを持っている。
私の言う商店街活性化。
つまり、各店が売上をあげればいいを実行している。
売れたら神で、売れなければカスを実践してくれている。
だから私も、買物をして応える。

そういう人材は、私は相手にする。

23年以上。今ホームページで確認したら平成4年に会社が設立。
26年間この地で悪魔と闘って来た先輩だ。
そして、どの時代も勝ち続けて来た。
負けて消えた多くのアパレルがいるなかで、
悪魔に勝って、天使は微笑んだわけだ。
自分の店で、毎日自分の商品をたくさん売る。
自分たちで決して商店街活性化したいなんて言わない。
本当は言う権利は充分にある。
でも言わない。

代わりに私が、大きな声で言いましょう。

富山に総曲輪にインフェイス系の店がなかったら、
もっと衰退し、人が減り、店が減り、売上が減っていたはずだ。
見捨てず継続してくれて
本当にありがとう。
本当に感謝。
感謝を買物に変えてつづけていきます。

「タウンマネージャーが商店街でショップを始めたら」

コムクレープ FC加盟店募集中です