「タウンマネージャーが商店街でショップをはじめたら」

toyamagu.com

日本全国の中心市街地活性化と商店街活性化を、
富山を通して語る、考える、変えてみる。

党首や総理よりも影響力大なのか。最強の戦略的ゲストスピーカー「橋下徹」が日本を変えるのか。

カテゴリー:タウンマネージャーが考える日本再生とは。

さて。
大阪の活性化が止まらない。
それもこれも
吉村府知事の影響であることはまちがいない。
大阪都構想を松井市長と牽引するリーダーであり、
新型コロナウイルス感染拡大には、
大阪で体を張って守っている。
維新の会の支持率は野党のトップとなった。

前日本の維新の会代表で、
前大阪市長の橋下徹氏への
政界復帰や首相待望論への話もちらほら。
私は橋下氏の政界復帰はそう簡単にないと思っています。

今のコメンテーター的な立場は
憲政史上これまでにないポジションです。
悪く言えば「院政」。
良く言えば「最強の戦略的ゲストスピーカー」です。

橋下氏は政治家時代、
地方の首長では国は変えられないと感じたと思っています。
野党党首では何も変えれないと痛感したとも思っています。
一国会議員では、屁のツッパリにもなりません。
かといって首相公選制でもない限り、
日本では首相を一から目指すことは困難です。
どれだけ国民がのぞんでくれても、仕組みがそうなっていない。
(熊本県知事から2年で首相になれた時代はもう戻らない)

そこで、
元国政政党代表で元府知事で市長で、
弁護士でタレントだからできる
日本維新の会の「戦略的ゲストスピーカー」という仕事。
報道官ではありません。
あくまもで客観的な外野です。
発言の責任はありますが、
決定されていないことを
無責任にいい意味の見込みで発言できます。
それはマーケティグでもあります。
とはいえ、橋下=維新と国民は勝手に想像します。
日本維新の会の要職にはついていません。
(もしかすると大阪維新の会の法律顧問?)
扇動はしていません。国民の自由意志です。
現在は民間人なので、
政界復帰を勝手に期待できます。
首相候補にも勝手に妄想することもできます。
こちらは国民の勝手です。

また法律の専門家なので、
感情的に発しているようみえて
話のほとんどが理論的です。

そういう立場と能力の方が、
地上波のテレビ番組で
わかりやすく維新の活動や人材、
日本の問題、地方の課題解決のスピーカーとして登場する。

私が橋下氏や維新に共感するのは
「結果」のための「手段」が徹底しているからです。
その象徴のセリフが
「政治家は使い捨てでいい」でしょう。
単なる手段なんです。政治家などは。
目的は日本がよくなること、
地方が住みやすくなること、
国民市民が幸せになること。わかりやすいです。
そして現実的に期待できます。

政治家が使い捨てなら、
橋下氏はすでに使い捨てられた状態なのかもしれません。
なので吉村府知事など
新しい維新スタッフに期待し、教育し、応援している。
そのために最も有効なポジションが、
最強の「戦略的ゲストスピーカー」ではないでしょうか。

大阪都構想を実現するには、
大阪市民の賛成が必要です。

一度住民投票で否決されています。
おそらく否決理由には、具体的な理由はないかもしれません。

ここで「政治家は使い捨て」の理論。

市民がいいかげんな判断をした場合、
優秀な人材や政治家はやめてしまうのだという強烈がインパクトは、
当時の橋下市長の政治家引退だったと思います。
この強烈なインパクトを大阪市民に持ってもらいために、
橋下氏は政治家に復帰しないと思っています。

いま国会議員に復帰したら、
やっぱり戻ってくるんだという既成事実になってしまう。
「橋下市長引退!」のインパクトがなくなります。

橋下氏が政治家復帰しないのは、
次の大阪都構想も住民投票には、
大阪都構想の可決だけではなく、
ここでいい加減な判断をしたら、
大阪の宝「吉村府知事」は引退しますよ!
という強烈なメッセージでもあると思っています。

それも含めて「戦略的ゲストスピーカー」は
今の橋下氏には最強のポジションだと思っています。
それを実現できたのは
条件がそろっていただけではなく、
引退しても維新との信頼関係の良好さもあるでしょう。

小泉純一郎元首相と自民党、
鳩山由紀夫元首相と立憲民主党もそれに近い関係ですが、
元総裁も元代表も出てくるなと、
現役国会議員たちは態度で示しています。
政治家が使い捨てではなく、
手段でもなく、目的になっているので
「俺が正しい」人ばかり。
そして議員でいることが目的になる。当選が第一。
いろんなポジションからの多角的で建設的な議論ができない。
最悪な関係なので成り立たない。

戦略的な「戦略的ゲストスピーカー」は
文面化具現化はしにくいし、
過去の政治の歴史にはまったくなかったポジション。
日本を変えるということは、
これぐらいの変化は
日本が変わる先に必要なのかもしれません。

「タウンマネージャーが商店街でショップを始めたら」

コムクレープ FC加盟店募集中です