「タウンマネージャーが商店街でショップをはじめたら」

toyamagu.com

日本全国の中心市街地活性化と商店街活性化を、
富山を通して語る、考える、変えてみる。

シャッター通りから世界ブランドをつくる、を自由が丘店で考えてみる。

カテゴリー:タウンマネージャーが考える地方創生とは?
img_7794

さて。

ビジネスモデル第三形態の改良と、

全国8店舗のスタッフコーチングマニュアル更新のために、

自由が丘にいます。

初めて富山本部でなく、店長コーチングも自由が丘で実施。

鎌倉小町通り店店長の研修をしていました。

 

毎日自由が丘にいるようになって3ヶ月目です。

楽しいです。都内でも自由が丘は私にあっている。

まだ自由が丘で友達は出来ていないですが、

自由が丘に住んでいる人、

勤めている人、

好きな人は

私に合いそうな気がします。カンです。

都内では、各方面のプロフェッショナルと会っています。

田舎では会えません。都内の利点です。

海外事業のプロ、ウェブ広告のプロ、M&Aのプロなど。

中にはとんでもないぐらいに能力のない人もいます。

都内でも全員が全員ではない人もいます。

詐欺会社もいます。

 

自由が丘は商店街の集積という側面があります。目黒区と世田谷区。

二つの区にまたがり、自由が丘駅を中心に広がっている。

人も多いです。日常的に賑わっています。

シャッター通りの心配がほとんどない。

良いお店が自然に集まり、お客様を集めるマーケット。

すでに十分に活性化されているので

タウンマネージャーも必要ありません。

 

プラス。私の心を豊かにしてくれる街であると、

最近気づきました。

 

①お客様の育ちがいい

人の良さというか、上品さというか、懐の深さというか。

自由が丘に住む人は、育ちがいいのがよくわかります。

大人も子供も、せかせかしていません。いじわるもないそうです。

人としての余裕を感じます。柄の悪さは微塵も感じません。

東京的に擦れてもいいないし、田舎の暗さも閉鎖性も感じない。

挨拶もしっかりしてくれる。子供達も素直で礼儀正しい。

明らかに影響される私。どんなに忙しくても、

自由が丘に行くこと自体が楽しいです。

友達もできそうです。少なくても私はノーストレス。

今日も良い自由が丘でしたと思って、帰ります。

 

②お客様に育てられている気がします。

そういった人柄からか、商売しながら育てられている気がします。

自由が丘はスイーツの街。自由が丘店とつけたい店が、

全国から集まって店を構えます。弊社もその一つ。

お客様や住民の方も、十分にわかっていらっしゃるのでしょう。

どれどれと試してもらい、気に入ったら応援してくれる。

コストも高く厳しいマーケットではありますが、

一生懸命に商売をしている姿や、

自由が丘に根付こうとしている努力が見ていてくれる。

行列ワンオペの時は、逆に気を使っていただいている。

これはかなり実感としてあります。

 

③人口のバランスがとてもいい。

田舎でずっとあったストレスです。自由が丘にはないです。

ベビーカーの赤ちゃんから小学生中学生高校生大学生、

OLさんからママ、マダムまで幅広くいます。

恒例化していません。明らかに。

希望もしていないのに老人ホームにいるような感覚になる田舎には、

この適度なバランスを味わってしまうと戻れません。

この適度ばバランスが、どれだけ大事かよくわかります。

日本の地方がどこか暗いのは、これも原因。

バランスの良さは商売をしていても楽しいですし、

色々アイデアも生まれます。

私にとっての自由が丘は、

そんなところです。

 

 

東京までは来ました。

 

 

ここから全国展開に向けたチームを作れたらと思っています。

おそらく東京本部も作ります。

そしておそらく海外も視野に入れます。

売れる商店が集まれば活性化する。

当たり前で全く新しい商店街活性化法は、

あまりにも当たり前で

私しか訴えていませんし、私だけが証明しています。

この30年何も変わらなかった商店街活性化は、

私以外の皆さんはどうゆるやかに変わって行くのか?

それでも、これからも、地方の商店街も見て行きますよ。

今だこんなこと愚痴っている現状。

思考停止です。愚痴を書いても意味がない。

新しいことしましょう。

シャッター通りから生まれた可能性で、世界ブランドをつくる。

12月30日打ち合わせです。

 

「タウンマネージャーが商店街でショップを始めたら」

コムクレープ FC加盟店募集中です